「docomoスマートパーキングシステム」の概要

駐車場オーナーにとっては、フラップ板タイプのシステムと比べ、安価に設置できるのが最大のメリットである「docomoスマートパーキングシステム」。従来のコインパーキングと比べると、費用回収までの平均期間が1年半程度のところ、半年程度で回収が可能であるという。設置する機器はセンサーとモバイル通信対応のゲートウェイだけで、電源の配線が不要であり、車を検知するセンサーは、地面にアンカー杭で埋め込まれる、バッテリー交換することなく数年間駆動するという。
センサー部は、あえて基盤より大きい筐体にして、目印になるようになっている。
ゲートウェイにはドコモのユビキタスモジュールが埋め込まれていて、センサーが感知した情報をクラウドサーバー上にアップロードするようになっている。モバイルバッテリーで数週間程度駆動し、簡単に交換できるほか、太陽光発電との併用も可能である。設置作業はセンサーを杭で地面に埋めるだけなので、最短1日で設置が可能である。従来型のコインパーキングでは設置できないとされていた舗装されていない土地にも対応できる。センサー部の電源は現状、このバッテリー1本で2年半程度連続稼働が可能といわれている。ゲートウェイ部も片手で持ち運べる程度の大きさで、製品版では設置環境にあわせて大容量のバッテリーを搭載することもできる。利用状況をクラウドでリアルタイム管理することができるので、不正利用に対する対策も進んでいる。

「ポケモンGOに最適なスマホ」にサムスン2機種、ソニーから1機種

Written by admin 7月 18th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

 

No Comments to “「docomoスマートパーキングシステム」の概要”

Leave a comment

Name
(required)
Mail
(required, will not be published)
Website
(recommended)
Comments