” 新しいスマホに音楽を移そう “

iPhone、Androidなどのスマートフォンの登場でMP3プレイヤーなどを使わなくても、手軽に音楽を聴けるようになりました。ですが、機種変更などでスマホを新しくしたという場合は古いスマホのデータを新しいスマホに移動したいですよね。sれが機種によっては、メーカーから提供されているミュージックプレイヤーを使えば簡単に移せるかもしれませんが、機種など全く別の物を購入した場合、どうしたらいいでしょうか。 何百曲、何千曲も保存していたら、それだけ音楽のデータも大きくなってしまいます。micro SDカードやクラウドなどではすぐに容量がいっぱいになってしまって、音楽だけ移すことで、膨大な時間が掛かってしまうのではないでしょうか。そこで、ワンダーシェア社から提供されている「Mobileデータ移行(Win版)」を使えば、素早く音楽データを古いスマートフォンから新しいスマートフォンに移すことができます。 『Mobileデータ移行 』(Win版)がインストールされているパソコンに古いスマホと新しいスマホをケーブルで接続して、転送モードを選択します。古いスマホから音楽を転送。[音楽]にチェックをいれ[コピー開始]をクリックすればOKです。何百曲、何千曲もある音楽データでもあっという間に古いスマホから新しいスマホへ移し替えることができるのです。

Written by admin 2月 6th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

LG、サブディスプレイ搭載のフラッグシップモデル「V10」やミッドレンジ新製品「K10」「K7」を展示

「CES 2016」(米・ラスベガス)のLG Electronicsブースには、今回のCESに合わせて発表されたミッドレンジモデル「K10」「K7」や、2015年秋発売の新しいフラッグシップモデル「V10」、そして北米で展開中のキッズケータイなどが展示されていました。LG V10は5.7型ワイドQHDディスプレイを採用したLGのフラッグシップモデル。LGのフラッグシップモデルは2015年発売の「LG G4」など「Gシリーズ」として展開してきましたが、V10はG4のディスプレイサイズを一回り大型化すると共に、上部にサブディスプレイを配置しています。また本体は側面がステンレスフレーム、また背面はエンボス状の加工がされた樹脂素材を採用しており、モダンかつ都会的な印象を受けます。本革を背面に採用しクラッシックかつエレガントな雰囲気のG4とは全く異なるイメージとなっているのです。なお背面にボリュームと電源ボタンを配置し、その下には指紋認証センサーを備えています。最大の特徴となっているのがフロントのサブディスプレイで、5.7型のメインディスプレイの最上部に、横に細長い160×1040ピクセルのものを搭載しています。この部分には右詰でテキストを表示しておくことができるほか、スワイプするとアプリアイコンが現れてワンタッチでアプリを起動することも可能です。
 

Written by admin 1月 26th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

スマホ バッテリー 理不尽の世界

現在スマホバッテリーの意識はとても大事なことです。最近のスマートフォンでは、充電が100%になれば、電気の供給がストップになる機種が販売されていると言うことです。
メーカーは、スマホバッテリーを製造し、私達は、それをそのまま使用して大丈夫と過信している訳です。全然そんなことはなくメーカーは不完全なものを作り、私達に丁寧に用心しながら使用しなさいと言っているのです。
しかし、メーカーは、別にそのことを口をすっぱくして言っている訳ではありません。スマホ バッテリーが故障すれば、バッテリーを交換すれば、問題は解消して、メーカーはそれだけ儲かると言うことになるのですから。
そうです、メーカーは、バッテリーが故障しても、バッテリーは交換すれば問題は解決出来るという大前提になりたっているのです。そのようなメーカーのご都合主義に私達は、ただ文句を言わず従っていかなければなりません。本当に理不尽。せめて、しっかりスマホバッテリーのルールを学びましょう。

Written by admin 1月 22nd, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

PC使わずiPhoneからAndroidへ連絡先や画像を移行するには?

データ移行がネックとなって、なかなかAndroidへ乗り換える決断ができないiPhoneユーザも多いことでしょう。そこで、PCを使わずに、iPhoneからAndroidへのデータ移行の仕方を紹介したいと思います。2015年9月に登場したiPhone 6s/6s Plusを皮切りにして、Xperiaなどの有名Androidの新機種も登場し、さらに買い替えや乗り換えが盛り上がる時期となりました。しかしながらデータの移行がネックとなって、なかなかAndroidへ乗り換える決断ができないiPhoneユーザも多いと思います。そこで、PCを使わずに、iPhoneからAndroidへのデータ移行の仕方を紹介しましょう。まず最初に紹介するのは「連絡先」の移行方法です。すでにGoogleアカウントの連絡先を使用していればAndroid端末にGoogleアカウントを設定するだけで移行は終了します。少しややこしく思うのは、iPhone本体とGoogleアカウントそれぞれに連絡先を保存している場合でしょう。iPhone本体とGoogleアカウントそれぞれに連絡先を保存していると、iPhoneに保存されている連絡先は移行できないのです。それならiPhoneに保存されている連絡先をGoogleに変更すればいいのでは?と思うかもしれませんが、iPhone本体で変更はできないのです。そこで数あるアプリの中でも人気が高い「JSバックアップ」がお勧めです。
 http://www.lifehacker.jp/2015/04/150423_galaxy_s6.html

Written by admin 1月 14th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

「指紋」vs「虹彩」――「arrows」の生体認証、どっちの方が便利?

富士通の携帯電話といえば、生体認証です。2015年冬のarrowsは「指紋」と「虹彩」の2種類の認証を用意していますが、どちらの方が便利なのでしょうか。NTTドコモ向けarrowsの2015年冬モデルでは、ミドルレンジの「arrows Fit F-01H」が指紋認証を、ハイエンドの「arrows NX F-02H」がIris Passportをそれぞれ搭載しています。生体認証を一番使うシーンは、「端末のロック解除」です。そこで、指紋と虹彩でロックの解除をしてみました。まずは、F-01Hの指紋センサーでロック解除をしてみます。F-01Hの指紋センサーは「スマート指紋センサー」と呼ばれていて、センサーを押し込むとスリープキーの代わりになるようになっているのです。センサーを指で押し込んだ後、その指をそのままスライドさせればロック解除もできてしまいます。ロック解除の所要時間は、3~4秒ほどでした。次に、F-02HのIris Passportでロック解除をしてみます。スリープ解除という点で、スマート指紋センサーのないF-02Hは一見すると不利で。しかし、「タッチでON」機能を利用すれば、画面をダブルタップすることでスリープを解除できるようになります。タッチでONでスリープを解除して、虹彩を赤外線カメラに映し出すと、最短で1秒程度でロック解除ができてしまいます。
スマホ デザイン

Written by admin 12月 23rd, 2015 at 12:00 am
Posted in 未分類

新しいスマホが続々登場!

スマホもやはり、使用感から言えば薄い方がよかったりしますよね。
Galaxy A8は、なんと6.0mmという薄さを実現したそうです。
スマホと言えば、薄さはあまり今までのものは変わらないような気がしました。
しかし、これほども薄いスマホが出てくるなんてびっくりです。
ちょっとそれだけ薄いと、割れないのか心配な部分があるのですが、やはり耐久性なども良くなっているのかなと思います。
また、Gear S2やGear VRも発売されるようになる。
Gear VRは、ゴーグル型になっていて、ゴーグルを装着した中で、迫力あるディスプレイが出てくるというようになります。
これは、1度は体験してみたいものですね。
ゴーグルで、どのような映像が見えるのかを見ておきたいものです。
このゴーグルは、スマホを装着する事で、好きな映像を迫力ある映像へと再現できるようになる。
Gear S2は、腕時計みたいになっています。
ラインやメールが使用できるようになっており、スマホと連帯して活用ができるようになります。
これからもどんどん面白いものが出てくるだろうなと思います。
そのために、試したくなりそうですね。
今回発売されるようになったものを、これからどんどん活用していければと思っていますよ。

Written by admin 12月 22nd, 2015 at 12:00 am
Posted in 未分類

Google フォトが目指したもの

「Google フォトが目指したのは、整理をしなくてもいつでも写真が見付けられること」として、現在開発中の日本語に対応したGoogle フォトのラベリング機能のデモを公開しました。米国ではすでに利用が始まっているサービスで、グルーピングされた被写体に「ママ」「お兄さん」などのラベルを付けておくことで、「ママ ハワイ」「ママ 猫」などその他の人物や場所などのキーワードを組み合わせて写真が検索できるというものです。このグルーピングがすごいのは、生まれたときの子どもの顔までさかのぼれるところです。たとえば太郎くんは3歳で、2012年5月21日に生まれた。実際に「太郎」という名前でグルーピングされた写真を追っていくと、生まれたころの写真にたどり着くというものです。たとえば「3歳の太郎の顔と生まれたときの顔は違います。ご両親は何百枚、何千枚と撮っているでしょう。私の場合は5万枚ぐらいあるとします。写真には日付がついているので、同じような写真が続いていくと、この人はたぶんちょっとづつ変わっていった同一人物なんだろう、ということで、時間の変化を追いながら同一人物としてのグルーピングができるようになっている」ということです。写真の共有は、リンクを作成することで簡単に行えるのが特徴となっています。

Written by admin 12月 15th, 2015 at 12:00 am
Posted in 未分類

スマホでよく使う機能

スマホでたくさん使われいる機能としてどれが思い浮かぶでしょうか。とはいってもこれは多くの人が思っているようにダントツで1位が写真機能となって実に62.2%の人が支持しているのです。これだけの高い数字になるのもわかるくらいスマホカメラを利用している人は街にあふれているように思います。2位には目覚まし時計機能がきました。これで51.4%です。目覚まし時計よりも正確であること、肌身離さずもっていることからアラーム機能までスマホに依存しているライフスタイルが垣間見えますね。3位にきたのが音楽プレーヤーです。これが34.7%ですから、携帯性の高さからそれよりも小型になりやすい音楽専用のプレイヤーを凌駕している形となりました。他には、4位にカレンダー機能で32.9%であったり、5位がキャリアメールの30.2%です。今ではキャリアメールの利用もLINEなどの浸透によって少なくなってきたようです。以下では、バーコードリーダーの28.4%、メッセージ機能の27.5%、Bluetoothの26.6%、動画撮影の26.1%
、そして画面ロックが23.9%となっていて、4人に一人くらいは画面ロックをしているという興味深い結果となりました。
http://www.lifehacker.jp/2015/04/150423_galaxy_s6.html

Written by admin 12月 8th, 2015 at 12:00 am
Posted in 未分類

au スマホ の縛り

au スマホ ここに
メリットを見付けたいと思いますが。大手キャリアがユーザーを苦しめていたのは、二年縛りと言うものかもしれません。 なんと縛りを違反して解いてしまえば、最大で5万円もの違約金を支払いしなければならないかもしれないということです。
ドコモ スマホの場合は12ヵ月以内の解約、更にプラン変更を対象にして一定額の違約金を徴収 するシステムを採用していますが、au スマホの場合、対象期間は12ヵ月ですが、料金プラン変更は対象外です。
しかし、二年縛りでないということに、docomo、auスマホはユーザー思いなのをいささか感じ取ることが出来ます。
ソフトバンクは縛りが24ヵ月と依然最長ですが、ただし違約金はひと月ごとに減るというシステムを採用しています。
何か、キャリア同士、足並みを揃えることが多く見られたものの、ここに来てキャリアそれぞれの個性を生かして来たと言う感じでしょうか。 もっともっとユーザーに優しいキャリアになっていただきたいですね。

Written by admin 12月 3rd, 2015 at 12:00 am
Posted in 未分類

写真をたくさん撮りたい人に

ソニーのスマホ、Xperiaが結構な話題になっていますね。とくにスマホのカメラとしては高精細で高画質な機能が搭載されていることで、写真をたくさん撮りたい人、そしてそれをSNSなどに投稿したい人におすすめなんだそうです。Xperiaはいくつかの機種がこの冬春モデルとして登場しています。その中でもZ4のカメラ機能がとくにすばらしいそうです。自撮りの場合には美肌効果が良いとのこと^^カメラアプリを使えばこのような美肌効果が期待できますが、スマホのカメラ自体に美肌効果がすでにあるというのは嬉しいですよね。また、料理もオートで美しく撮ることができると。美肌に料理^^これはまさにSNSにハマっている女性にはぴったりのスマホとなるでしょうね。私も経験があるんですが、スマホのカメラで撮ってそれなりに料理なども映るんですが、それをツイッターやインスタに投稿するとちょっと何かが違うんですよね^^ブログなどに写真を毎回投稿している人なんかは、カメラ自体に凝っていて、一眼レフカメラでの撮影は当たり前のようです。。でも、あのソニーが力を入れて作ったスマホ内臓のカメラであれば・・もしかしたら大きな期待ができるかもしれませんね~♪

Written by admin 11月 30th, 2015 at 12:00 am
Posted in 未分類