最新スマートフォンの「507SH」

最新スマートフォンとして販売されているものの中に「507SH」があります。
この最新スマートフォンは「Y!mobile」から販売されているシャープ製のAndroid Oneスマートフォンで、発売後18か月間に限り最低1回のOSバージョンアップが保障されています。
本体カラーはスモーキーブルー、ブラック、ホワイトの3色が用意されています。
サイズは高さ約142ミリ、幅約71ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さが約135gになっていますので、どなたでも気軽に持ち歩けるサイズと言えるでしょう。
ディスプレイには約5.0型のIGZO液晶が搭載していますので、大画面で色々なことが楽しめると思います。
カメラはCMOSセンサーが付いた約1310万画素のアウトカメラと、同じくCMOSセンサーが付いた約500万画素のインカメラが搭載されています。
ですので、綺麗な写真を撮影して楽しむこともできますね。
バッテリー容量が3010mAhになっていますので、連続待受け時間が約700時間は超えていますし、連続通話時間も約900分を超えていますので、外出だけではなく旅行でも安心して持ち歩くことができると思います。
このような最新スマートフォンはY!mobileオンラインストアで手に入れることもできますので便利ですね。
気になった人は購入してみてはいかがでしょうか。

Written by admin 12月 7th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

安心セキュリティパックが来年終了に

auのスマホ向けセキュリティサービスの「安心セキュリティパック」と言うプランが来年の11月末日をもって終了することが発表されています。その代わりにauスマートパスというサービスが案内されているそうです。

そもそも安心セキュリティパックが何かということですが、毎月300円(税抜き)で「盗難・紛失対策、リモート操作でのロック/ロック解除、ウイルス対策やWebフィルタリング」が揃ったもの。ただ、このプランを利用しているユーザーが減ってきているために来年のサービス終了を決めたようです。

代わりにおすすめされているauスマートパスも毎月372円で同じサービス内容を受けることができ、さらにスマホの修理代金をサポートするサービスや迷惑電話のブロックができるサービスも含まれているとのこと。なるほど、この2つのサービスが余分に付いて価格がそれほど変わらなければ、こっちのauスマートパスの方に加入しますよね^^プランやサービスって時代に沿って無くなっていくものなんですね~。

Written by admin 12月 5th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

とうとうガラケーが・・

ドコモが発表したiモード対応機種の出荷終了。知らなかったんですが、ドコモはスマホの新機種は順調に市場投入されていたものの、ガラケーは去年の11月のP-01H以降、投入されていないんだそうです。auではガラホとかが人気のようですが、ドコモではスマホだけになってしまうんですね。「スマホの普及によってiモード対応ガラケーの存在感が低下したことも出荷終了を判断した理由の一つ」と言われているそうです。

これまでドコモがガラケーをやめる、といった報道はあまり聞いていなかっただけに、ガラケーユーザーはショックだったでしょうね。実は私の周りにもまだガラケーの人、たくさんいるんですよね。LINEがつながらないのでこちらとしては面倒なので^^早くスマホに変更して欲しかったので、私としては歓迎する部分もあるのですが。。

ただ、らくらくホンのようなシニア向けのガラケーはまだ販売はしていくそうです。きっと、私の周りでガラケーユーザーはこっちに移行する人が数人いるかな^^とも思われます。

スマホで良い音楽が聞きたければこちら

Written by admin 12月 4th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

ION、マイクや楽器も繋げる20W出力の防水ポータブルBluetoothスピーカー

inMusic Japanは、最大出力20Wのアンプを内蔵し、PAシステムとしても使えるION AUDIOの防水Bluetoothスピーカー「Tailgater GO」を10月29日より発売します。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は14,800円前後(税込)です。スマートフォンやタブレットなどから音楽をワイヤレス再生できるBluetoothスピーカーで、キャンプやバーベキューなど屋外利用を想定した設計となっていて、「あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない」というIPX4相当の防水性を備えています。最大で連続約30時間稼働できるバッテリも内蔵しています。最大出力20Wのアンプを搭載し、マイク入力(標準フォーン端子)やステレオミニのアナログ音声入力を備え、マイクや楽器やオーディオ機器を接続してPAシステムとしても使用可能となっています。ウーファは4インチ、ツイータは1インチの2ウェイ構成で、周波数特性は75Hz~16kHzとなっています。BluetoothプロファイルはA2DPのみで、最大30mまで利用可能です。NFC対応で、対応機器とワンタッチでペアリングできるようになっています。ワイドFM対応のFM/AMラジオチューナや、スマートフォンなどを充電できるUSB端子も装備しています。

Written by admin 11月 18th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

スマホのバッテリーは小型軽量が良い

スマホを使用する人が増えるのと一緒にモバイルバッテリーを必要とする人も増えています。
ここ数年で様々なモバイルバッテリーが販売されて注目されていますが、特に小型で軽量のモバイルバッテリーが人気を集めていますね。
理由は持ち運ぶのに邪魔にならなくて軽いからです。
こうした小型で軽量なモバイルバッテリーの中でも特に良いと思ったのが「パナソニック・QE-AL202」です。
このバッテリーは自宅ではコンセントにつないで充電し、外出しているときには内蔵されているバッテリーからスマホを充電することができます。
ですので、外出しているときに充電切れになっても安心ですね。
それと、コンセントから充電するとき、スマホからフル充電してからモバイルバッテリーを充電してくれるという賢い機能が付いています。
コンセント部分は本体内部に収納しておくことができますので持ち運ぶときに邪魔になりません。
また、内蔵されているバッテリーは約1600回も繰り返し充電できますので長く使い続けることができるでしょう。
このようなバッテリーはサイズが66ミリ×125ミリ×20ミリで、重さが175gになっていますので、バッグに入れていても嵩張りませんし楽々持ち運ぶことができて良いですね。

Written by admin 11月 6th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

ソフトバンクスマホで新しいプランが!

新iPhoneを発売したことで、ソフトバンクは「ギガモンスター」という新しいサービスを発表したのです。
ソフトバンクのスマホを使っている方にとっては注目したいものです。
また、これからソフトバンクを検討している方にとってもいいかもしれません。
月額6000円を支払えば、月間20GBが利用できるというものとなるのです。
基本料金もプラスして必要なのですがデータを多く使う人にとっては非常に便利なプランとなっています。
やっぱり自分の使用量を考えてプランをきちんと選んでいかなくてはいけないものです。
そんな中で、こういった大きなプランが出てくるのは嬉しいです。
データを多く使うような人であれば、やっぱりデータを使ってスマホが重くなってしまい、なかなか繋がらないなんて事になれば大変です。
そういった方は、こういった大きなものだったら安心ですね。
家にWi-Fiがないような方だったらより嬉しいプランです。
料金が少し高くなってしまっても、やっぱりスマホが使いやすくなるだけでもいいものですね。
また、色々と組み合わせてプランもできるというので、スマホの使い状況に応じて、ソフトバンクで見てもらうのもいいと思います。
スタッフの方に声をかければ教えてもらえますよ。

Written by admin 11月 3rd, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

好みのサングラスをスマートグラスにするディスプレイ、Garminが発売

Garminは、好みのサングラスやメガネに取り付けられ、ペアリングしたサイクルコンピューターの情報を表示できるディスプレイ「Varia Vision J」を発売しました。価格は4万9800円(税抜)となっています。「Varia Vision J」は、好みのサングラスのフレーム(テンプル)に取り付けて、各種の情報を表示できる小型ディスプレイです。約30gと軽量に仕上げられているのが特徴です。同社のEdgeシリーズなどの対応するサイクルコンピューターとペアリングでき、心拍数、パワー、速度といったパフォーマンスデータや、ナビゲーション時の方向指示などの情報を表示できるということです。通話やメッセージの受信の通知にも対応。各種の通知用として振動機能も備えています。本体にはタッチ操作エリアが設けられ、スワイプ操作で画面の切り替えが可能です。タッチ操作はグローブ着用時の利用にも対応するということです。「Varia Vision J」により、視界を前方に向けたまま情報を確認でき安全性が高まるとしているほか、別売りの「Variaリアビューレーダー」を装着すれば、後方から接近する車両を認識して、ディスプレイ上に接近や距離を表示できるとのことです。ディスプレイは1センチ四方のサイズで、解像度は428×240ドットとなります。
 

Written by admin 10月 28th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

ソーラー充電しながら「ポケモンGO」を長時間楽しむ

モバイルバッテリー特需の伸びの主な要因の一つは、この2016年夏にリリースされたアプリ「ポケモンGO」でしょう。画面をつけたまま長時間遊ぶプレイスタイルということもあり、1~2時間歩いているだけでスマホのバッテリーをかなり消費してしまいます。解決策としては外出先で充電できるモバイルバッテリーがあるのですが、できればバッテリー残量を気にせず長時間遊びたい、というのがプレーヤーの望みといえます。そこで考えたのが、移動中のソーラー発電です。スマホや携帯電話のソーラー発電は、近年ではスマホ向けの大型かつ実用的な出力のソーラー発電器が増えていて、価格も安くなりつつあります。そこでAnkerの「PowerPort Solar」を使って、ソーラー発電の実力を確かめてみました。ソーラー発電機器の「PowerPort Solar」、晴れた日なら「ポケモンGO」をバッテリー消費なしに遊びつつ、モバイルバッテリーの充電もできました。利用用途として相性が良いのは、泊まりがけの登山やキャンプ、サイクリングなどのアウトドア用途でしょう。数日のあいだ電源をとれない場所での宿泊を考えているなら、移動中から緊急時も含めた貴重な発電手段になります。自宅の災害時の避難袋に入れておくのもよいでしょう。スマホぶんとはいえ、特別な燃料や人力なしに発電できると助かることも多いと思われます。このクラスのソーラー発電機は低価格な製品も増えてきました。遊べるガジェットとしても、緊急時の発電手段としても、自宅に1~2個を用意しておくと買っておくと安心です。

Written by admin 10月 16th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

防水対応の「iPhone 7/7 Plus」、「Apple Watch Series 2」を水没させてみた

「iPhone 7/7 Plus」は、iPhoneとして初めて防水/防塵(じん)性能をサポートしており、その保護等級は「IP67」に相当します。IP67は、防塵性能は6級で、防水性能は7級という意味で、「粉塵が内部に侵入しない」→完全防塵 「一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない」→30分間の水没に耐えられる防水性能と言い換えられます。これまで、うっかりトイレに落としてしまったり、ゲリラ豪雨に遭遇してしまったりと、悲しい水没事故に見舞われた人は決して少なくないと思われます。本当にもう水没しても大丈夫なのか、実際に試してみたところ、水に沈めても、問題なく使えることが分かりました。ただし、画面に水滴が残っていると誤作動の可能性はあり、これはあくまで「真水・常温」の話なので、浴室やプール、海などでの使用には注意が必要です。一方「Apple Watch Series 2」は、「iPhone 7/7 Plus」と異なり、腕につけたまま激しく泳いでも問題ない防水性能が特徴です。防水ロック機能を追加し、「ワークアウト」アプリから水泳のワークアウトなどを選ぶと自動的にこのモードに入り、誤作動を防ぎます。解除するには、デジタルクラウン(リュウズ)を回し続ける必要があります。「プープープー」という解除音が鳴り、スピーカーなどに水が入っていた場合は、その水が吐き出されます。
スマホは防水タイプで快適安心!

Written by admin 10月 13th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類

iPhone 7「あまりスマートじゃない」ところ

日本で一番売れているスマートフォンであるiPhoneは、各所でその高機能さや外観の美麗さをうたったレビューを見かけます。「その時点での、スマートフォンの最新形」一般にそんなイメージを抱かれがちなiPhone最新モデルですが、少し気になっている点もあります。例えば、従来モデルからの大きな変更点である「イヤフォンジャックの廃止」について。Apple公式のワイヤレスイヤフォン「AirPods」は、1万6800円(税別)という決して安いとはいえない価格だし、音質面でも同価格帯のイヤフォン/ヘッドフォンと比べて優れているのか疑問です。何より発売は10月下旬。まだひと月も先なのでしばらくの間は、ほとんどのユーザーが使い慣れた「自前の有線イヤフォン」を「付属のLightningアダプターを使って」つなぐことになるわけですが、実際つないだところ、なんだか格好悪い、思う人もいるのではないでしょうか。イヤフォンジャック廃止の問題点はまだあって、これまでのように「充電しながら音楽を聞くことができない」。そこで、そうした問題点を解決する他社製アクセサリーが登場することになるのですが、これもなんだか……。プロダクトデザインに強いこだわりを見せるApple製品としては、やはりあまりスマートな回答に思えないのです。Apple製品はいつでもいつまでもApple製品らしく、かっこよく使いたいと思っているユーザーは多いはずです。
スマホで良い音楽を聞く方法とは?

Written by admin 10月 8th, 2016 at 12:00 am
Posted in 未分類